プロフィール

R U м I .

Author:R U м I .


兵庫県在住。
1989.1.24 (現在24歳)
みずがめ座 * A型

プロフィール * ...M e...
リアルタイム * T i m e

社会人6年目になりました!
まだまだ失敗ばかりの日々。
「できる女」目指して
日々努力できる人になろうと
心がけています!

頭の中は常日頃から
L'Arc-en-Ciel * 嵐
彼らのことでいっぱ-い(ノ∀`◎)

誕生日COUNTDOWN !

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

♥ L i n k ♥

コメント

月別アーカイブ

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
10/17
*Fri*

北海道への旅 -美瑛編-

category : Diary
今日も昨日と同じぐらいに起床。
パパスを送り出して、私たちも準備…。
とりあえず、今日は快晴でもないけど、悪くもないので
ママズチョイスで美瑛に行くことになりましたー★☆.。.:*・゜

でも、行く準備はしてたんだけど、スキー板の置き場がイマイチ収まってなくて
それを行く前にガタガタと直してたんだよねー。
んで、時間が分かるように、はなまるテレビをつけてたら、
そのうち勝手に“はなまるカフェ”が始まって…。
ふっと、顔をあげてみたら、ニノちゃん登場(ノ゜O゜)ノ

なんでなんで???


あ、今日から流星の絆か~。


そんなこんなでも、半分以上をはなまるカフェ見れたんで良かったけど、
またもや、「はっ」と電車の時刻を思い出し、時刻表を見てみたら…。
永山発・旭川行きの電車があと25分程度で発車時刻になってて。




ちょっと待ってー。
まだ家出てないよ~!!!!

ママンを急きたてて、慌てて家を出て、小走りで昨日とは一本中の違う道を行きました。
そうしたら、やっぱり、ちょっと近道だったみたいで早く着いたのw
新たな駅への近道の発見だったので、パパスに教えなくては♪

駅に着いて5分後には改札チェックが始まったよ~。
危なかっただよー(笑)

今日は快速電車(それでもワンマンですけど)に乗ったので安心して旭川駅で降りれたw

そして、富良野線に乗り換えて、いざ、美瑛へ!
…でも一回富良野線まで行ったんだけど、トイレとお茶とかが欲しくなったので
大都市向けのホームまで行きました★
でも、富良野線ってちょっと他のホームよりも遠くにあって、隔離されてます。
だからやっぱり走ったり早歩きで・・・北海道に来てから走ってばっか!(笑)

そんなこんなで繰り返される小走り大会ですが、電車に乗ってからは
1時間半ほどしないと美瑛まではつかないのでのんびり休憩w

途中の西瑞穂駅の様子ですw
西瑞穂駅

美瑛についてからも、駅に降り立ってすぐに昼ごはんを食べに入り。
そこで、その店に置いてあった観光のパンフレット見てたら、
お店のお兄ちゃんが、いろいろとまわり方とか教えてくれて、
どれとどれとどれを見たらいいのかとかも教えてくれて。

さらには、タクシーのおばさんを紹介してくれて、1時間コースで
タクシーを貸し切って美瑛のパッチワークの路をぐるっと回って貰いました。

また、その載せて頂いたタクシーの運転手さんがとってもいい人で、
分かりやすく説明とかもいっぱいしてくれるし、いい景色の写真スポットで
絶対に車を止めてくれて写真を撮りに降りさせてもくれるし最高でした。

ケンとメリーの木・てん菜畑・鳥籠のカフェ・親子の木
セブンスターの木・マイルドセブンの丘・一望できる公園


これはキカラシっていう花だよ。
キカラシ


短時間でぐるっと回ってくれて、とっても濃い時間を過ごすことができました。

さっき、走ってばっかりって言ったけど、こっちにきて色んな人の
優しさに触れることが多くて、それにも感動しぱなっしです。

また、駅に戻ってきてからは、すぐに旭川の駅に戻って。
さらに今日は、私が行きたかったもう一つの場所、
雪の美術館に行くことにしました。

でも、一回バスの運転手さんに聞いたんだけど、
降りるバス停の名前を途中で忘れちゃって。。。
しかも、乗る時に、整理券を取るのを忘れてていくら払うのか謎で。

ちょうど、私たちしか、既に気づいた時は載ってなかったので
運転手さんが一生懸命その乗ったバス停の名前までもどして
整理券が何番か調べてくれて。

んで、一応雪の美術館の最寄りバス停に着いたのね。
そしたら、運転手さんが、指さして・・・
「あそこが雪の美術館なんだけど、次のバス停の方がもしかしたら
 近いかもしれないんだけど、どっちで降りる???」って言いました。

それで、一か八かで私が「じゃあ次にします!」って言ったんだわ。

んで、バスが止まってくれたけど、再び動き出して…
そしたら、運転手の人がチラチラこっちを見ててさ。

「今日だけ特別に、内緒でここで降ろして上げる!絶対に内緒だよ!」

・・・って言って、なんと、雪の美術館の入り口のまん前で降ろしてくれたの!
料金も変わらずに!

すっごく優しい!ママンと「この恩は忘れません」ってマジで言った!

雪の美術館はきれいでした。

①雪の美術館の外観と入口
081017_1611~02
081017_1613~01 081017_1611~01

②受付から螺旋階段を降りて室内噴水発見…ドアをあける
081017_1609~02 081017_1609~01
081017_1608~04 081017_1608~03

③雪(つらら)展示室
081017_1608~02 081017_1542~01

窓の向こうとこちら側では、最高40度も差があるようです。

④雪の協会広場
081017_1559~01

↑この雪の協会では結婚式ができるんだよw

すっごいきれいだよねー。
っていうか、北海道ならではの美術館と言うか。

本当に素晴らしかったー。


帰りは、地道にバス停まで歩いて、ちょっと寒い中バス待ちました。

再び再び旭川に戻って、今日もSEIBUに寄って食糧調達。
そして、今日は電車はもう疲れたので、タクシーで帰宅。

そのタクシーの運転手さんも「最近引っ越ししたばかりだ」と言うと
永山のある程度のポイントを押さえたパンフレットと地図を下さり
ホームセンターみたいなのがないか、と尋ねるとすぐに教えてくれました。

やはり、こっちの人たち優しすぎる!

素晴らし!


感動だ-。


今日はギラギラと流星の絆を見ながら、美瑛の写真をパパスに見せたよw


どの写真もきれいだけど、やっぱり生の景色が一番でしたw


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © や さ し い 蒼 。 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。