プロフィール

R U м I .

Author:R U м I .


兵庫県在住。
1989.1.24 (現在24歳)
みずがめ座 * A型

プロフィール * ...M e...
リアルタイム * T i m e

社会人6年目になりました!
まだまだ失敗ばかりの日々。
「できる女」目指して
日々努力できる人になろうと
心がけています!

頭の中は常日頃から
L'Arc-en-Ciel * 嵐
彼らのことでいっぱ-い(ノ∀`◎)

誕生日COUNTDOWN !

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

♥ L i n k ♥

コメント

月別アーカイブ

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


--
--/--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
08/05
*Tue*

ハイビスカスな男の舞台。

category : Diary

今日はあんまりみんなが知らないNEWSの加藤成亮のソロ舞台。


ごめん、シゲ。
君のことをバカにしてたよ。
君はつかちゃんが言うように男前だったよ。


★落し物
☆定休日
★愚問
☆湿度なき声で壊れる程の愛になれ
★鬱憤トイレ
☆絆
★オレンジの花びら


こんな感じの演目でしたが。


やぱ、一番好きだったのは湿度なき声で壊れる程の愛になれ
ヤバかっこ良かったですぞ

その後のtoilet@toilet.ne.jpにするトイレの話も大好きですが。

あれは、完全にウケを狙っているので。
なにも考えなくて一番素敵だったのは音楽も映像もともにショートフィルムです。

彼の切なる願望が詰まったショートフィルムなだけに良かったんではないですか??

っていうか、意外に金髪に着物が似合ってて(シゲだからいける!)びっくりした!
クリアファイルも金髪が良かったなー。


演目ごとの合間にある、「こんなんやってみました。」っていうシゲは
たまーに、「誰かに似てるな~」って思いながら見てたんだけども。
なんだかんだで、いい奴ぢゃないですか!カッコイイです!
中丸君も見たくなってきた今日この頃。
ただ、ボイパと鼻がでかいだけの中丸君ぢゃないってところを見せてもらいたい!
シゲでも出来るんだから(あ、でも彼は文章の才能が多少あるのか。)出来るハズ!




以下はネタばれ何で、見たくない方は見ないでおいてね。
ただのヲタクが珍しくレポってますから。



舞台設置:ステージの下手に交番とその横に公衆トイレ。
       ステージ右後方は壁になっていて、その前にひまわり。
       ステージの上手には、少し高くなった所に背もたれのあるベンチ。

@オープニング

わ…ワイルドでした★
着物を着て、途中からさらしの姿で真っ白な壁とか下にあるデカイ紙に
人ぐらいの大きさの筆で、色々と書きすすめていくシゲ。
そのうちに全身真黒になります。
墨もダイナミックに飛ばしたりとか、ちょっと腕でそれを擦る姿がセクシー


@落し物

白シャツ、ベストにネクタイ姿で、ステージ中央に登場。
「もし落とし物を拾ったら、あなたはどうしますか?」というテーマの小芝居。

ある日、外で財布を落として、散々探しても見つからなくて落胆している時、
(ブランコに乗っている映像のシゲが最高にかわいいw)
最後に派出所を訪ねてみると、無事に財布が届けられていた。
財布の届け主は、自分の氏名や連絡先を明かさずに、ひとつのメモを。
『もしあなたが同じように誰かの大事なものを拾ったら、
            その時は必ず警察へ届けて下さい』と残されている。

それを見事に受け売りしたのがシゲでしたー(笑)
や、実際は彼が考えたストーリーなんだけどさ(?)たぶん。
パンフレット買ってないから実際は知らん。

ここでの懐かしい言葉が…『ペイ・フォワード』
私はこの映画、小学校4年生の時に映画館で見て泣いた覚えがある。
すごくいい映画だし、とっても大切なこと伝えてくれてる映画だったから
小学生と幼いながらに印象深かった一作だったし、それがシゲの口から出てきて
なんかすっごく嬉しかった。


@定休日

THE★地味ぃぃぃストーリー。
しかも、シゲが朗読するって言う…。
でもあったかい感じで良かったよ

街の狭い路地にある小さなカメラ屋がずっと気になっていて、
ある日フィルムを現像しようと思って持って行った。
すると、残念なことに『本日定休日』の札が…店は閉まっていた。
その帰り道、あるおじいさんが道に迷って困っている場面に出す。
人を助けるその一言の勇気を持つことに戸惑いながらも、振り切り声をかける。
病院へ妻を迎えに行く途中に道に迷ったらしく、病院まで送ってあげる。
あれから、おじいさんとおばあさんはどうしただろうと、彼はふと思う。
その数日後、例のカメラ屋へ再び行くと、店番をしていたのはおばあさん。
そして、店の奥には、見たことのある人、あの彼の助けたおじいさんがいた。
あの日お店が定休日だったのは、妻を病院へ迎えに行ったからだったのだと気づく。

でもなんか、好きな感じだった。
映像とかも写真とかがすごく素敵で良かったよー。


@愚問

落語家の名前は「加藤亭成楽」、演目は「愚問」。
名前は、「楽しく成る」と書いて、シゲラクだそうな。
着物に金髪のアンバランスさが、結構インパクト大で◎

一番感動した点は、かまなかったこと!(笑)
でも結構本格的に自分捨ててやってたんぢゃないかな?
だからこそ良かったひとつかも!馬とそばのシーンとかアイドルなのに…って。
内容というよりは、シゲのオーバーアクションな演技が秀逸。
落語なのに、笑いを忘れさせるほど、真剣なアイドルの姿に感動すら覚えたカモ!

ちなみに、「愚問」とは愚かな質問、つまり・・・
“見りゃあ、分かんだろ。聞くだけヤボってもんよ”ってなもの

一人が役者になりたいと言って、演技の勉強をしていると言い出す。
そして、ちょっと見てくれと、自分の演技を披露するんだけど、
どうも微妙なアクションに、もう一人の男は何の演技なのか理解出来ず。
演じている方は、“見りゃあ、分かんだろ!愚問だ!”と怒り出す。
見ている方は気を遣って、“それは、何をやっているんだ?”という
「愚問」を問えないジレンマに陥るけれども…。
そんなチグハグな、二人の男の会話がテンポよく進んで。
「お前さんKYだな」っていうんだけど。それがいろいろな解釈に代わって
結局はそのKYがオチにつながるようになってた!
KY=K:こんなん Y:やってました


@湿度なき声で壊れる程の愛になれ

倉庫の一角にを住んでいる彼が、出かける支度をしているとこからスタート。
柄シャツに、サングラスをかけて、精一杯のオシャレ。
そして、真っ赤なバラの大きな花束を持って、プロポーズに出かける。

映像は全体的に、私の好きなセピア色に加工w
そしてバラの花びらだけが真っ赤に染まっていたり、
牛乳パックだけが真っ白に光っていたり、ところどころ色づけあり。
このあと1リットルの牛乳パックに口をつけて、豪快に飲見きる!
だけど…飲む前に少し、“大丈夫かな?”的に臭いを嗅ぐ仕草をする。

そして、バイクに乗ってプロポーズへと出かけていく・・・。

ちなみに、「こんなんやってみたかったんです。」とシゲの願望丸出しです。


@鬱憤トイレ

前の演目のショートフィルムで、バイクに乗ってプロポーズに出かけたシゲ。
同じ衣装で登場し、何故か腹痛を起こしてトイレを探している。
ステージ下手にある公衆トイレを見つけて、駆け込む。どうやらセーフ(笑)

暗転から明るくなってステージ中央に、透明なトイレが置かれ、その中にシゲ
プライベートな空間のはずのトイレが、全面透明でオモロー!

ドアが開かずに困っていると、壁にちょっとした落書きを発見する。
困った時はこちらへと、【toilet@toilet.ne.jp】とメアドが・・・。
早速、そのアドに空メをすると、即座に返信メールが返ってくる。

「一番の不満を打ち、送り返して下さい。そうすれば出られます」と。

そこで不満なことを考えて、メールを返信するけれど、
同じ文章のメールがその度に返ってくる。
何度も何度も、これでどうだと言わんばかりに様々な
不満をメールにぶちまけるも、その度に同じ返信。

でも、大して大袈裟な不満じゃあない。
①買ったばかりの自転車のチェーンが外れた
②職務質問された
(ここらへんでシゲの体勢がインリンみたいになったり女子高生みたいになったり)
③日替わり定食が日替わらない
④3月上旬の天気が分からない
⑤母親がペットに向かって「シゲ」と呼ぶ

最後に気付く。
「これほどまでに、汚い不満が自分の中にあること」に。
その答えを求めたかったのか、ようやく“正解!”と言わんばかりの
「\(^o^)/ 」っていうメールの返信が来て、トイレを脱出★
どうやら、3日の公演では途中でトイレのドアあいてしまったらしい(笑)
シゲらしい失敗だよね。いつかやると思ってたけど先だったか!(笑)
ところが!!!!
これには更にオチがある。
次にまたエレベーターに乗って、エレベーターに閉じ込められる。
そしてまた、壁にメールアドレスが・・・“一番の悲しみ編”らしい。
頑張れ、シゲアキ!


@絆

これ、シゲの実体験ぢゃないかな?ってちょっと思った。
訂正、私、これが一番好きですね。気持ちがわかるから。

ある男の子が、ある朝突然「今日は学校へ行かない!」と親に言い出す話。
共働きの両親は二人とも、息子の突然の自己主張を受け止めて、
「じゃあ、自分も休もうかな」と言い出すはめになる。
結局、母は出勤し、父が息子と共に家に残った。
学校へ行かない理由を尋ねるでもなく、問いただすでもなく、
ただゆったりと、ビデオを見たりお昼を食べたりダラダラとした一日。
普段、そんな非生産的な時間を、父と子で過ごすこともないのに、
その時はそんな時間が永遠のように流れるといった流れの話。
夕方、何事もなかったようにいつものように帰宅した母が、
何気なく「明日も学校休むの?」と尋ねるが・・・

「明日は学校へ行くよ。またお父さんが会社を休んだら困るからね」

大した理由があった訳ではない、突然の登校拒否。
本人には小さな言葉でも、それを受け止める側には大きな言葉である。
言い出したら引っ込みがつかず、何も言わない両親に心配をかけていることを
子供ながらに感じ取り心を痛めるその男の子の気持ち。
その時も今も、何も言わずに子供の心を受け止めてくれた両親に感謝。

目に見えない気持ちのやり取りを感じさせてくれる演目だったから。
逆にいえばそう言う子の方が多いんぢゃないかな?
私はどちらかといえば、昔いじめられてた方だけどさ。
それがなくなって傍観者に自然になっちゃうと感じたりするし。


@オレンジの花びら

ラストの演目なのに、一番眠くって死にそうだった。

マジで寝そうだったんで覚えてるのが・・・
アコギの音が流れてたこと、歌は歌わない代わりの詩の朗読。
スクリーンに、次々に移り変わる街並みが映し出されてた。
シーサーとかハイビスカスとか・・・多分、沖縄の街での映像かなぁ。

ごめんそれだけしか記憶にございません!

でも彼はすごいやつだ!

一人でやりきったよ?頑張ってたよ?

お疲れサマー!

終了後にトークしてくれて、シゲの誕生花はハイビスカスだって!
どうやら自分は可憐な男子と思っているらしく「サクラ」とかが良かったと
ブツブツぼやいていましたー(笑)シゲのおバカー。

だれかが、「シゲカッコイイー」って言ったら「や、知ってる!」って
何度も言ってたよ~。
ちなみに「どれが良かった?」ってみんなに聞いたらみんなタイトルぢゃなくて
「ブランコ!」とか「トイレ!」とか「バイク!」とか挙句「オープニング」とか…。

これ、全部映像ですが。

生のシゲは褒めてもらえず(笑)や、カッコいい人ですよ彼は。


歌と踊りをやめて正解な感じでした★(笑)

これからも頑張って!





COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © や さ し い 蒼 。 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。